2021.05.26

白熱の日本ダービーを読み解く「3歳牡馬番付」。今年はどんな快挙が?

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 1位はエフフォーリア。皐月賞で圧倒的な強さを見せて、今回は満票を獲得した。無敗の二冠へ、視界は良好だ。

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「皐月賞出走組とは、すでに勝負がついた、と言えるでしょう。皐月賞が極端に上がりのかかる変則ペースだったため、もし中山だけに良績のある馬だったり、瞬発力を発揮できない馬だったりしたら、ダービーに向けて不安もあったのですが、同馬は東京でも2勝。いずれもスローの瞬発力勝負を制しました。ダービーでも最有力候補と考えていいでしょう」

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「体幹がしっかりしており、フォームがブレないため、皐月賞では凸凹が激しかった中山の内目の馬場もまったく気にしませんでした。そういう意味では、梅雨の影響などでダービーでも荒れ馬場や渋化馬場になると、他馬との力差がより開く可能性があります。

 血統や走法から、上がりが極端に速くなる競馬が唯一の不安点。もちろん、前付けのポジションや早めの仕掛けによって、適度に上がりがかかるような展開になれば、勝つ確率はグンとアップします。しぶとさのある同タイプや、勝負づけの済んだ面々には逆転を許すことはないでしょう」

土屋真光氏(フリーライター)
「取りこぼしがあるなら皐月賞と考えていましたが、結果は2着タイトルホルダー(牡3歳/父ドゥラメンテ)をコンマ5秒も突き放す完勝でした。皐月賞では展開や位置取りなど、何から何までこの馬に運が向いていました。その運をモノにするのも能力があってのこそですが、マークがきつくなるダービーでもこの馬の競馬ができるかどうか、見どころです」