2021.05.19

ソダシは本当に断然か。オークスの行方を占う「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 2位は、桜花賞で4着だったアカイトリノムスメ(牝3歳/父ディープインパクト)。前回3位から浮上した。同厩のサトノレイナスに代わって、オークスで躍動できるか、注目される。

吉田氏
「桜花賞ではしっかりと発馬を決めて、好位からの立ち回り。勝ち馬のソダシと横並びのポジションでしたが、メイケイエールのマクりによって、途中でポジションが一列下がってしまったのが誤算でした。

 それでも、馬込みで我慢が利いて、直線では徐々に加速。豪快な差し脚が光ったサトノレイナスには伸び負けしたものの、一度離されたソダシや3着ファインルージュ(牝3歳/父キズナ)に際どく詰め寄った脚は評価していいでしょう。折り合いがつき、追ってから味のある末脚からもオークスは向きそうな印象があります」

市丸氏
「ここまで5戦すべてマイル戦を使って3勝。桜花賞でも3着にクビ差の4着と健闘しました。

 母は三冠牝馬のアパパネ。兄たちの成績がもうひとつなのがどうかと思っていましたが、牝馬ということで、何かプラスアルファーがあるのかもしれません。現時点で"打倒ソダシ"の一番手となるのは、やはりこの馬ではないでしょうか」

 3位は、桜花賞3着のファインルージュ。その結果を受けて、圏外から一気にランクインを果たした。

市丸氏
「指数では2位のファインルージュ。ただ、近親に短距離馬やマイラーが多く、母パシオンルージュも短距離馬でした。桜花賞の結果から、無視できる存在ではないのですが、オークスでは過大な期待は禁物かもしれません。父はダービー馬のキズナですし、能力的には芝2400mもこなせる可能性がありますが......」

本誌競馬班
「桜花賞3着の結果を素直に評価します。距離延長への不安が若干あるものの、地力上位は確かでしょう」