2021.05.18

ウマ娘の初代主人公・スペシャルウィーク。その数奇な運命、武豊との出会い、ダービー優勝

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

 1999年、スペシャルウィークと同世代のエルコンドルパサーが、異例の海外挑戦を表明した。それは、4月から約半年にわたってヨーロッパに長期滞在し、10月の凱旋門賞を大目標に現地でレースをこなすプラン。個人的には、1995年にメジャーリーグに挑んだ野茂英雄、1998年からセリエAに移籍した中田英寿と並べたくなるほど、大きな海外挑戦だった。

 この遠征は成功し、春にはフランスのGⅠを制覇。そして目標の凱旋門賞でも主力として出走した。しかし、エルコンドルパサーは終始先頭をキープするも、最後の最後にモンジューに差されてしまった。

 その宿敵モンジューが日本にやってくる。当時は今以上にヨーロッパの馬の強さが際立っていた時代。それでも、なんとか仇を取って欲しかった。まして今回はこちらのホーム。そこで、日本馬総大将となったのがスペシャルウィークだった。

 レースでは後方に待機し、その後ろにモンジューが付ける形。馬群が3コーナーをすぎた時、スペシャルウィークと武騎手がスルスルっと上がっていく。ここでモンジューはやや離されてしまった。

 そして直線。スペシャルウィークが早々と抜け出すと、海外勢に先頭を譲らずゴールへ。モンジューは外から懸命に追い上げるも4着が精一杯だった。