2021.05.09

オークスでの台頭なるか。クールキャットは「もともと重賞クラスの器」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

 ついに重賞制覇を遂げて、オークスへの出走権をつかんだクールキャット。同馬については、陣営も早くから期待していたという。その様子を関東競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「奥村調教師はクールキャットについて、『牝馬にしては骨量が豊かで、見栄えがある。もともと重賞クラスの器だと思っていた』と話しています。また、フェアリーSでは道中行きたがって、まくるような形から大敗を喫していますが、本質的には『折り合いにも不安はない』とのこと。距離延長もこなせると見ています」

 いよいよオークスに挑むクールキャットだが、実はその決断はフローラSを勝った直後ではなかったという。トラックマンが続ける。

「フローラSのあと、短期放牧に出たクールキャット。アルテミスSからコンスタントに使われてきたこともあって、『オークス出走は、あくまでも回復次第』という状況だったようです。

 そうして、慎重に状態を見極めて、数日前にオークス出走が確定したとのこと。ならば、戦える準備が十分に整った、と見ていいのではないでしょうか。名手・武豊騎手が手綱を取ることも決まって、ますます楽しみな存在となりました」

 昨年もウインマリリンが7番人気で2着になるなど、フローラSの勝ち馬がオークスで好走するケースは多い。クールキャットもそうした例に続くことができるのか、注目である。