2021.05.08

ほのかがNHKマイルCを大胆予想。人気馬2頭を消して選んだ本命は?

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

 本命(◎)は、バスラットレオンです。

 初の重賞挑戦となったGIII札幌2歳Sでは、のちにGI阪神ジュベナイルフィリーズを制して桜花賞馬にもなるソダシ、同じく阪神JFで3着入線を果たすユーバーレーベンに続く3着。この頃から、私の中では評価が高い馬だったのですが、その後、GI朝日杯フューチュリティSでも4着に入り、GIでも上位の力があることを証明しました。

 しかも、前走のGIIニュージーランドトロフィーでは、2着に5馬身差をつけての圧勝でしたからね。「NHKマイルCではこの馬!」と、早くから決めていました。はっきり言って、自信の本命です(笑)。

 対抗(○)は、ルークズネストです。

 この馬も強いですね。前走のGIIIファルコンSでは、今回も人気になりそうな、朝日杯FSの覇者グレナディアガーズを抑えての勝利。2着だった前々走のGIIIシンザン記念では、バスラットレオン(3着)に先着しています。

 そうした実績から見て、本命のバスラットレオンと同等の力を持っているのは、この馬じゃないかなと思っています。

 ▲は、ランドオブリバティです。

 GIホープフルSではレース中にどこかへ行ってしまい(4コーナー手前で逸走)、それ以来、成績はパッとしません(苦笑)。前走のGIIスプリングSも2番人気に推されながら、7着に終わっています。

 とはいえ、新潟競馬場での新馬戦は1着、中京競馬場でのGIIIきさらぎ賞は3着と、左回りでは安定した走りを見せているように思います。きさらぎ賞では、スタートで隣の馬に寄せられて好位置につけられない不運もありましたが、末脚を生かして3着。それこそ、高い能力を秘めた証拠でしょう。

 今回の鞍上は、石橋脩騎手。石橋脩騎手は、一昨年のレースでも14番人気のケイデンスコールを2着に導いています。一発を期待するには、絶好のコンビと言えるのではないでしょうか。

 そして特注馬(☆)に推すのは、ショックアクション

 かなりの人気薄だとは思いますが、最初に挙げた好走条件、「母系にダンチヒが入っている馬」に該当するのが、この馬なのです。血統的にこの舞台が合っているのは間違いありません。

 加えて、重賞勝ち(GIII新潟2歳S)の実績もあります。朝日杯FS(13着)、ファルコンS(10着)と、前2走は惨敗を喫していますが、その結果、人気を大きく落とす今回がむしろ狙い目。私はそう、ポジティブに考えています。