2021.04.14

皐月賞、ダービーの行方を占う3歳牡馬番付。アンカツはどう読んだ?

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News


横綱:エフフォーリア(牡3歳)
(父エピファネイア/戦績:3戦3勝

 今年の3歳クラシックは牝馬だけでなく、牡馬も混戦。それでも、牡馬ではこの馬が頭ひとつ抜けている印象がある。

 何より、ここまで無傷の3連勝。前走の共同通信杯も強かった。スローの瞬発力勝負が向いているのかもしれないけど、だとしても、同レースで見せた切れ味は半端なかった。

 直線だけで2着に2馬身半差の快勝。レース前、ある程度はいい競馬をするとは思っていたけれど、あそこまで強いとは思わなかった。

 父エピファネイアも走る馬を次々に出して、種付け料がグングン上がっている。そんな勢いのある血統であることも好材料。競馬は荒削りだけど、その分、奥がありそう。この馬、まだまだ強くなると思うよ。

 その伸びしろの大きさや、追って伸びる競馬っぷりからすると、皐月賞よりもダービー向き。広い府中のコースでこそ、あの豪快な末脚が生きる。そういう意味では、仮に皐月賞を取りこぼしたとしても、ダービーはこの馬で決まり、ではないだろうか。