2021.04.13

皐月賞まであと3日。空前の大混戦を読み解く「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News


 2位は、前回まで1位に君臨し続けていたダノンザキッド。弥生賞の結果を受けて、ポイントも大幅にダウンした。はたして、クラシックでの巻き返しはあるのか。

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「個人的にはランドオブリバティ(牡3歳/父ディープインパクト)に期待していたので、ここのところの内容を受けてクラシック戦線から離脱してしまったことはとても残念でした。ダノンザキッドには以前から不安を感じていましたが、弥生賞の結果によって、抜けた存在ではないことがはっきりしました。とはいえ、大崩れはしていません。使った上積みはあるでしょうから、本番での逆襲を楽しみにしています」

吉田氏
「弥生賞はスタートを決めながらも、無理をせずにじっくりと運ぶ形をとりました。跳びが大きく、エンジンのかかりが遅いことは誰もが承知のことですから、鞍上の川田将雅騎手も皐月賞&ダービーを見据えての騎乗をした、と見ていいでしょう。

 結果的には、スローペースで速い上がりが求められる流れとなり、外、外を回ったことで3着に終わってしまいました。それでも、トライアルという観点からすれば、上々の内容だったと判断していいでしょう。

 ただ、ジャスタウェイ産駒は競走成績に波があり、一度の敗戦が精神面に及ぼす影響は多分にあります。また、舞台設定からすれば、直線の長いコースで施行されるダービーのほうが対応しやすく、皐月賞に関しては若干の不安があることは否めません。勝ち負けを演じるには、好位で折り合って早めに踏み込めれば、といった条件付きとなりそうです」