2021.04.07

安藤勝己の「3歳牝馬番付」。激戦のクラシックは「2強」で絶対か?

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News


横綱:サトノレイナス(牝3歳)
(父ディープインパクト/戦績:3戦2勝、2着1回)

 今年はトライアルレースのレベルが高くなかった。例年強い馬が集まるチューリップ賞も、今年は低調だった。

 そこで、中心となるのは昨年末からの"ぶっつけ組"となる、阪神JFの上位馬だ。勝ったのはソダシだが、個人的には2着だったサトノレイナスのほうが能力的には上と見ている。

 阪神JFのレースぶりを見ると、いかにも子どもっぽいというか、あれこれ気を遣って走っているという感じだった。まだぜんぜん全力を出し切っていない。

 それでも、最後は勝ち馬とハナ差の接戦に持ち込むのだから、力はある。この馬には、まだまだ奥があると思っている。それを見込んでの"横綱"評価だ。

 血統的にも上に重賞馬のサトノフラッグ(牡4歳)がいるし、馬格もある。前哨戦を使わなかったのは、「成長を促す」という意味と、直行でも「桜花賞とオークスは勝ち負けできる」という自信があるからではないだろうか。

 桜花賞を勝てば、オークスもいけるのではないか。