2021.04.06

2強を脅かす馬はいるか? 桜花賞の行方が見える「3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 2位も前回と同じく、サトノレイナスがキープ。ソダシとの差はなく、桜花賞では「2強」を形成することになりそうだ。

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「阪神JFではソダシをわずかに捕らえきれませんでしたが、スタート力によるポジショニングの差が大きかったように思います。直線でも、ベストの進路を探しながら追い出して、結果的には凸凹の激しい内目を選択するしかなかったことが多分に影響しました。また、レースが前後半ともに平均ラップで流れたことも、ソダシのパフォーマンスを高める要因となったのは確かです。

 そういう意味では、桜花賞での逆転は十分に見込めます。全兄サトノフラッグ同様、折り合いに不安のないサトノレイナス。桜花賞特有の、緩急がついて上がりが強調される流れになれば、ソダシより分があるのは間違いありません。それと、ある程度時計が出やすい馬場で、冬場と比べて向かい風の強くない舞台設定も、サトノレイナスにはマッチしそうな印象です。

 この中間も、同厩舎のアカイトリノムスメ同様、早めにトレセンに戻して至極順調な調整過程を踏んでいます。牝馬三冠馬を2頭も手がけてきた国枝栄厩舎のノウハウは、今年もしっかりと生かされそうです」


 3位に入ったのは、三冠牝馬アパパネの子という良血、アカイトリノムスメ(牝3歳/父ディープインパクト)。クイーンCを制して、ついにランクインを果たした。

吉田氏
「好メンバーが集まったクイーンCを制覇。中団で折り合って、勝負どころでは外目に進出して追い出しを我慢し、最後までしっかりした脚勢(あしいろ)を見せました。着差以上に余裕のある勝ちっぷりで、3連勝は本物でしょう。

 3連勝はすべて左回りのコースでしたが、走法や気性、手前などからして、阪神の広いコース形態なら右回りでも問題はないでしょう。パドックで落ち着いて歩けていることから、長距離輸送も心配なさそう。個人ランキングも3位にしていますが、阪神JFの1、2着馬を逆転する可能性は、決して低くはありません」

木南氏
「一戦ごとにレースぶりが良化し、クイーンCは完勝でした。初の関西への輸送が大きな課題となりますが、それを克服できれば、好勝負を演じても不思議ではありません」