2021.04.04

スターホースの躍動に確信抱いた大阪杯。美女馬券師は強気に3連単12点勝負

  • text by Morinaga Maaya

 昨年、藤沢調教師は通算1500勝を達成し、尾形藤吉調教師以来、史上ふたり目となる快挙を成し遂げました。その偉業を称える記念碑には「一勝より一生」という字が刻まれています。"馬優先"の名伯楽らしい言葉ですよね。

 私はまだ、藤沢調教師のいない競馬界は想像できません。今だけ時がゆっくり流れてほしいと思ってしまいます。

 さて、今週は大阪杯! 史上3頭目の"無敗の三冠馬"の始動となります。

 本命はそのコントレイル。一週前追い切りは、私から見ても息を飲むほどすばらしい動きで、思わず映像を見てニヤニヤしてしまいました。正直、楽しみしかないです。

 この中間で体も大きくなったとのことですし、昨年よりさらなる成長をしていそう。阪神競馬場の芝2000mの舞台は初めてとなりますが、もともと長距離よりも中距離のほうが合っていそうですし、いい馬場で走れるようなら負けられないところ。

 アーモンドアイという現役最強馬が引退した今、日本の競馬界を引っ張っていくスターホースとして、今年も記録を作っていってほしいです。

 対抗はグランアレグリア。昨年度の最優秀短距離馬は、今年の始動が大阪杯。10戦7勝、そのうちGI4勝。安田記念ではあのアーモンドアイに勝っているように、その戦績は輝かしく、現女王はこの馬と言っていいと思います。

 気になるのは、やはり2000mという距離。短距離ならば誰にも負けないと思うのですが......。ただ、1200mと1600mのGIをどちらも勝っているように、この馬の底知れぬ力は距離が伸びても発揮されるのかもしれません。

 厩舎は前述の藤沢厩舎。何より馬を最優先に考える厩舎ですし、もしまったく無理なら出してこないはず。もちろん期待しています!