2021.03.31

短距離界の絶対女王グランアレグリアは大阪杯で距離の壁を打ち破れるか

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

 かつて、三冠馬ナリタブライアンがスプリントGIの高松宮記念(当時、高松宮杯)に挑んだが、4着に敗れている。安田記念と天皇賞・秋(東京・芝2000m)を勝っているヤマニンゼファーも、GIスプリンターズSでは2着止まりで、スプリント、マイル、中距離GIの"全制覇"は果たせなかった。

 ともあれ、グランアレグリアには今回、その偉業達成なるか、という期待がかけられている。

 同馬はデビュー以来、ここまで10戦しているが、すべてマイル以下。マイルを超える距離のレースを走ったことがない。無論、2000mのレースを走るのは初めてのことだ。

 これまで走った最長距離より、距離が一気に400mも延びる。しかも、GIである。そのうえ、三冠馬コントレイルという存在がいる。

 となれば、偉業達成は、常識的にはかなり難しい状況にある。

 ところが、関西の競馬専門紙記者によれば、「コントレイル陣営が一番警戒しているのは、グランアレグリア」だと言う。

 とりわけ脅威に感じているのは、この馬の"規格外"とも言える底知れない競走能力に、だ。

 それが示されたのは、昨年の安田記念。先にも触れたとおり、当時「現役最強」と称され、日本の競馬史においても何本かの指に入ると言われる名馬アーモンドアイをまったく寄せつけず、2馬身2分の1差をつけて完勝した。

 アーモンドアイはその生涯で4度の敗戦があるが、その中でも言い訳なしに"力負けした"のは、おそらくこの一度きりだろう。

 それは、そのままグランアレグリアの"規格外"のポテンシャルを示すものと言っていい。

 実は、グランアレグリアが2000mのGIに挑戦するというプランは、今年になってにわかに浮上したことではないという。ある競馬関係者が言う。

「そういうプランは、昨年からあったそうです。安田記念を勝ったあと、秋は府中の天皇賞・秋に挑戦、という話も出たらしいです。