2021.03.13

金鯱賞の注目はデアリングタクトだが、一発あるのはGII初出走の血統馬

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 だからといって、今回の条件が合わないとは思いません。中京コースはタフな馬場になりやすいので、2000m戦でも長めの距離に適性のある馬にとっては対応しやすい舞台です。

 鞍上の松山弘平騎手もGI秋華賞(京都・芝2000m)の際には早めにマクる競馬を見せるなど、デアリングタクトとのコンビでは一戦ごとに乗り方がうまくなっている印象があります。今回は順当に結果を出してくれるはず、と思っています。

 相手となる有力候補としては、グローリーヴェイズ(牡6歳)を挙げたいと思います。同馬は2400m以上の中・長距離をより得意としているタイプですが、こちらも距離以上のスタミナや総合力が問われる中京コースなら問題ないでしょう。

 昨秋のジャパンCは5着。三冠馬3頭のワンツースリーは後世に語り継がれていくと思いますが、大逃げを打ったキセキ、三冠馬3頭の叩き合いに最後まで食い下がったカレンブーケドールとともに、早めに抜け出して一瞬「やったか」と思わせたグローリーヴェイズも、伝説のレースの盛り上げにひと役買って、非常にいい競馬を見せてくれました。ここでも上位争いが期待できます。

 その他、転厩初戦のキセキ(牡7歳)、ペルシアンナイト(牡7歳)といったGI馬も気になる存在ですが、今回の「ヒモ穴馬」にはこれら実績馬以上にこの舞台が合いそうな、ブラヴァス(牡5歳)を取り上げたいと思います。

勝負根性が魅力のブラヴァス。金鯱賞での奮闘が期待される GI出走経験はなく、GIIに挑戦するのも今回が初めてという立場ですが、過去3戦はGIIIで3連続連対(2着、1着、2着)。クラシックで活躍した母ヴィルシーナと違って、条件戦から地道に実績を積み上げた馬です。