2021.02.27

中山記念は勢いある若手騎乗の2頭が有力。穴は大ベテランが操る曲者

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 ところで、このレースが現役最後の重賞騎乗となる蛯名正義騎手のことも少し触れておきたいと思います。

 ジョッキーとしては、私の7年ほど後輩になりますか。武豊騎手と同期だったことで、デビュー当時からその存在に刺激を受けて「負けられないぞ!」といった気持ちを抱いて、すごくがんばっていました。

 最初の重賞を勝つまでに意外と時間がかかった印象がありますが、バブルガムフェローでGI天皇賞・秋を勝ったあたりから軌道に乗って、以降は美浦のトップジョッキーとして活躍してきました。そうして刻んだ通算2539勝(2月26日現在)という成績は本当に立派だと思います。

 中山記念でコンビを組むのは、ゴーフォザサミット(牡6歳)。蛯名騎手にとって、最後のダービー騎乗馬ということになるんですね。さすがにこの馬で勝ったら出来すぎかと思いますが、奇跡的なドラマが生まれることがあるのが、2月末の引退絡みのレースです。

 どんな結果になるにせよ、蛯名騎手の最後の雄姿をしっかりと見届けたいと思います。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆阪急杯は種牡馬の実績を重視。3つの共通点がある牝馬2頭が中心だ >>

◆阪急杯は穴党記者が見込んだ3頭が「春一番」並みの高配当を運んでくる>>