2021.02.20

フェブラリーSはどの馬にもチャンスあり。最も勢いある馬の一発に期待

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

3連勝中のオーヴェルニュ。フェブラリーSでも勝ち負けが期待される3連勝中のオーヴェルニュ。フェブラリーSでも勝ち負けが期待される  さて、今回の「ヒモ穴馬」にはレッドルゼル同様、前哨戦の東海Sを制した5歳世代、オーヴェルニュ(牡5歳)を取り上げたいと思います。

 オープン特別のリステッド競走を2連勝して、前走の東海Sでは重賞初挑戦で快勝。今回は3連勝の勢いに乗って、初めてのGIに挑むことになります。

 東海Sもオーヴェルニュ自身が2番人気に推されたように、インティ以外は手薄なメンバーでした。しかも、そのインティが自滅に近い形で敗れたため、オーヴェルニュの勝利にどれだけの価値があるのか、疑問視する人も多いかもしれません。今年のフェブラリーSはいくら実績馬が不在といっても、オーヴェルニュにとっては一気の相手強化となりますから、なおさらです。

 とはいえ、この3連勝中は走るごとに"強くなっている"というのが、強調すべきポイントです。デビュー当時は440kg台だった馬体も、前走では過去最高の476kg。ダート馬としてはまだ線が細いほうですが、今が充実期であることは間違いないでしょう。

 オーヴェルニュは中距離路線から久々のマイル戦という形になりますが、レッドルゼルとは逆で、この距離でもスピード負けしない先行力があるのはプラス。展開次第で勝ち負けも大いに期待できる1頭だと思っています。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆フェブラリーSは大物不在。穴党記者が波乱の使者3頭をあぶり出した >>

◆混戦のフェブラリーS。注目は「勝ちだしたら止まらない」血を持つ5歳馬>>