2021.01.30

多彩なメンバーが集結した根岸S。一発を期待するなら初ダートのGI馬

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 アルクトスは東京のダートで5勝を挙げていて、昨年は同じ左回りの盛岡で地方交流GI南部杯(ダート1600m)を制覇。1400m戦も中京のGIIIプロキオンSを勝っていて、実績面では文句がありません。前走のチャンピオンズCは、最初から距離が長いとわかったうえでのチャレンジでしたから、9着という結果は気にしなくていいと思います。

 実績十分の馬だけに、今回は59Kgという斤量が気になるところですが、前半から先手を取ってスピードに乗っていけば、1400mであれば、押し切れる可能性もあると踏んで期待しています。

 それに、今回の結果がどうあれ、59Kgを背負って走っておけば、本番のフェブラリーSで楽になるはず。アルクトスに関しては、賞金的に余裕のある立場ですから、フェブラリーSを見据えてどういうレースをするのか、注視したいと思っています。

 もう1頭、勢いのある馬として、レッドルゼル(牡5歳)も気になる存在です。前走のGIIIカペラS(中山・ダート1200m)では、先行した2頭のマッチレースと思われたところを、大外から1頭だけものすごい脚を繰り出して2着に突っ込んできました。

 川田将雅騎手が手綱を取るようになってから、差し脚を生かす戦法にシフトさせていて、今なら東京コースが一番向きそうな感じがします。ダートでは13戦11連対という安定感もあり、上位争いできる1頭ではないかと見ています。

 さて、ここまでに触れた3頭は、おそらく上位人気になると思います。そこで、今回の「ヒモ穴馬」として取り上げたいのは、初ダートとなるステルヴィオ(牡6歳)です。

根岸Sで初のダート戦に挑むステルヴィオ根岸Sで初のダート戦に挑むステルヴィオ