2021.01.23

穴党記者が東海Sの攻略に自信。好配当が見込めるヒモ穴4頭をズバリ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 目立った実績はありませんが、ルヴァンスレーヴ(地方交流を含めてGI4勝)と同世代で、3歳時には同馬としのぎを削って、GIIIユニコーンS(東京・ダート1600m)で2着、地方交流GIジャパンダートダービー(大井・ダート2000m)で3着になるなど、早い時期からその才能は評価されていました。

 母のミラクルレジェンド、叔父のローマンレジェンドは地方交流重賞で活躍。父キングカメハメハを含め、成長力も期待できる血統だと思います。ここでは、かなり面白い存在です」

東海Sでの一発が期待されるムイトオブリガード 坂本記者はもう1頭、ムイトオブリガード(牡7歳)を穴馬候補に推奨する。

「脚元の都合でおよそ10カ月の休み明けになりますが、久々のダート挑戦で、狙うならここかなと思います。2019年のGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を勝つなど、骨っぽいメンバーが少ないここでは地力はピカイチでしょう。速い時計に対応できるスピードも魅力です。

 1月6日に栗東の坂路でびっしり追われて、52.6秒-12.3秒と好時計をマーク。順調に調整できている証拠でしょう。優れた心肺能力を生かす形で持久戦に持ち込めば、インティとも互角の勝負ができるでしょうし、アッと言わせるシーンがあっても、と期待しています」