2021.01.17

コントレイルと同じ道を歩むダノンザキッド。陣営の手応えはいかに?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

「ダノンザキッドのセールスポイントを陣営に訊ねてみると、『とにかく、走りに対して真面目』という答えが返ってきました。オンとオフとの切り替えがしっかりできていて、普段は無駄なことを一切しないそうです。デビュー前から『歩く姿を見ただけでも素質を感じる馬だった』とのことで、『ここまで、期待どおりに走っている』と、スタッフは満足そうに語っていました」

 ホープフルSを快勝し、同じ舞台で行なわれるGI皐月賞への目処は立ったが、最大目標となるGI日本ダービー(東京・芝2400m)へ向けて、陣営はどう見ているのか。先述のトラックマンが続ける。

「2400mの距離に対応できるかどうかは、『これからの成長次第』とスタッフは慎重な姿勢を見せていました。それでも、『2400mまでは持つのではないか』というのが、陣営としての評価のようです。

 何はともあれ、クラシックへ向けて、楽しみが膨らんだことは確か。ホープフルSでは『デビュー以来、初めて全力で走った印象』とのことで、レース後は若干の疲れを見せた様子。きっちり休みをとって、春の大一番を迎えたいようです」

 はたしてダノンザキッドは、これからもコントレイルと同じ道をたどることができるのか。その動向から目が離せない。