2021.01.03

4連勝で2歳女王となったソダシ。白毛馬初のクラシック制覇はなるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

 だが、さすがに2歳牝馬のトップクラスが集うレースとあって、そこから簡単には抜け出せない。外から仕掛けたメイケイエールやユーバーレーベンらと熾烈な叩き合いを展開し、最後は内から抜けてきたサトノレイナスとの一騎打ちとなった。

 優勢だったのは、勢いで勝るサトノレイナス。残り50mを切った時点ではソダシをかわしたかのように見えた。が、まさにゴール直前、なんとソダシが差し返したのだ。

 結果、ソダシがハナ差の勝利。無傷の4連勝で2歳女王に輝くとともに、JRA史上初となる白毛馬のGIホースとなった。

 こうして、今春の牝馬クラシックの最有力候補に躍り出たソダシ。同馬を間近で見ているスタッフの評価はどうなのか、関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ソダシについて、スタッフは『デビュー前から評価の高かった1頭』と話しています。とにかく『大人しいのがいい』とのこと。オンとオフの切り替えがうまく、無駄なことをしない性格のようです。加えて、スタッフがしきりに褒めていたのは、完成度の高さ。そうしたことが、ここまでの好成績につながっているのではないでしょうか」

 そしてスタッフは、本番となるクラシック2戦、GI桜花賞(阪神・芝1600m)、GIオークス(東京・芝2400m)に向けても、手応えを感じているという。先のトラックマンが続ける。

「速いタイムのレースにも対応できており、『いいスピードを持っている』とスタッフ。阪神JFと同じ舞台となる桜花賞へ向けては、自信がうかがえます。オークスについても、『距離はやってみないとわからないけど、折り合いに不安がないのは心強い』とのこと。大舞台に向けても、視界は良好と言えそうです」

 白毛馬初のGI馬となったソダシ。次なる目標は、白毛馬初のクラシック制覇である。偉業達成なるか、多くのファンが注目している。