2020.12.20

荒れる朝日杯FSを美女馬券師が占う。経験値を重視して狙うは好配当!

  • text by Kuujyo Non

 対抗はレッドベルオーブ。ここ2戦連続でレコード勝ちを果たしていることから、実力は疑いようがありません。

 新馬戦では、前を走っていた馬が左右にふらついて進路を挟まれるも、最後は外から脚を伸ばしてアタマ差の2着。初めてのレースにもかかわらず、騎手との折り合いがしっかりと取れていたことから、精神面の強さを伺うことができました。

 前走のGIIデイリー杯2歳Sでは直線で内を突いて、ラチ沿いで外の馬と競る展開になりましたが、堂々のレコード勝利。今回も同年代の強豪相手に、どのような展開になったとしても怯むことなく、落ち着いてレースに挑んでくれると信じています。

 ▲はステラヴェローチェ。朝日杯FSの過去の結果を振り返ってみると、前走"東京・マイル好走組"が好成績を残しています。それは、東京競馬場と阪神競馬場は「直線が長い」という共通点があるため、と思われます。

 そして、今回の出走メンバーで、唯一それに該当するのがこの馬。加えて、前走・GIIIサウジアラビアロイヤルCで結果を残した馬が、過去3年連続で馬券に絡んでいます。そうした過去の傾向を踏まえて、同じ舞台で勝ってきたステラヴェローチェの"経験値"が物を言う可能性は大いにあります。

 新馬戦では先行して勝利。一転、前走は後方からの差し切り勝ち。脚質の自在性も推せるポイントです。

 △は3頭に打ちました。まずはショックアクション。馬名の意味は「急襲」。その名のとおり、前走のGIII新潟2歳Sでは直線でスイッチが入ったかのように、強烈な末脚を見せつけて圧勝しました。

 阪神・芝1400mの新馬戦で3着に敗れていますが、差しが決まる展開にあって、先行で粘って3着。その体力と根気強さを評価したいです。

 おっとりとした気性ということで、どっしりと構え、レースにおいて余計な動きがないのも大きな魅力です。レース間隔が空いてしまった点と、脚部の不調が心配されましたが、追い切りで持ち前の瞬発力を披露。状態面での不安はなさそうです。