2020.12.09

近年では稀に見る大激戦。阪神JFの行方も占う「2歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 1位は、白毛馬としてJRAの芝重賞を初めて勝ったソダシ。2歳重賞の中でも重要なレースを制しており、その実績が素直に評価されたと言える。

木南友輔氏(日刊スポーツ記者)
「札幌2歳Sは優秀なレースぶりで、アルテミスSも文句なしの競馬でした。クロフネ産駒で、距離2400mになるGIオークスはわからないですが、GI桜花賞までは中心的な存在になっていると見ていいでしょう」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「昨年のこの時期に私が1位に挙げたレシステンシアと比べると、その数値は低いですが、今年の2歳世代の牝馬では現時点でTF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)トップです。牡馬に交じって札幌2歳Sをレコード勝ちし、牝馬同士のアルテミスSは貫録勝ち。無傷の3連勝という実績は申し分ありません。

 ただ、アルテミスSでは途中まで持ったままだったにもかかわらず、いざ追い出すと、意外と伸びませんでした。レシステンシアより数値が伸びなかったのは、その辺りに原因があるのかもしません。現状、やや瞬発力に課題がありそう。今後、そこをどう打開していくのか、注目していきたいですね」

土屋真光氏(フリーライター)
「適性の異なる2つの重賞を勝ったことで、非常に能力が高いことがうかがえます。ただ、"図抜けている"という印象はありません。

 父クロフネがそうだったように、血統面から考えると、この馬も本質は"ダートの怪物"と見ています。芝は基礎能力でこなしているだけで、その適性で勝る馬が現れたときにどうなるか、若干の不安があります。現状では"暫定1位"といったところでしょうか」