2020.11.30

3強が集う最高峰の戦いで見た「現役最強馬」アーモンドアイの完成形

  • 土屋真光●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 思い出すのは、2年前のジャパンC。レース後にルメール騎手が語っていた言葉だ。

「向こう正面では、この馬がどう勝つのか、自分も楽しみに乗っていた」

 おそらく、この日も同じだったのではないか。

 それは、もちろんアーモンドアイ自身が持っている能力の高さもある。ただ、今回に限って言えば、強力なライバルの存在があり、なおかつ、伏兵たちも死力を尽くしてベストな走りを見せたからこそ、引き出された力だったようにも思う。

 これで、アーモンドアイはターフを去るが、変わってコントレイルとデアリングタクトが現役最強のバトンを受け継いでいく。3強対決で戦前から騒がれた今回のジャパンCは、そのことを明確に示すレースだった。