2020.11.24

ジャパンCで思い出すオグリキャップの雄姿。「美しい2着」にファンが感涙

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Sankei Visual

 当時の競馬シーンは、オグリキャップとともに、同世代の菊花賞馬スーパークリーク、この年の春のGIを2勝していたイナリワンの3頭が、「3強」と呼ばれていた。

"コンマ0秒の激闘"の第1戦は、毎日王冠。相手は「3強」の一角であるイナリワンだった。

 直線を迎えて外を回った両雄は、残り200m辺りで馬体を合わせ、そこから激しい叩き合いを見せた。そして残り100m時点で、内で粘る面々を一緒にかわしていくと、イナリワンがわずかに前に出たように見えた。が、その瞬間、オグリキャップが底力を発揮。2頭並んでゴールになだれ込んだ。

 結果は写真判定に持ち込まれ、オグリキャップがハナ差で勝利した。

 続く激闘は、GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)。「3強」が顔をそろえた一戦だったが、オグリキャップと死闘を演じたのは、天才の名をほしいままにしていた武豊騎手が手綱をとるスーパークリークだった。

 このレース、好位から直線でうまく抜けたスーパークリークに対して、内で包まれたオグリキャップは勝負どころで進路をなくし、追い出しが遅れた。いわゆる"踏み遅れ"によって、最後は大外から強襲するも、スーパークリークにクビ差及ばなかった。

 この敗戦を、主戦の南井克巳騎手は悔やんだ。「勝てるレースを、自分のせいで落とした......」と自らを責めた。

 しかしその悔しさが、激闘3戦目のGIマイルCS(京都・芝1600m)につながる。

 このレースでライバルとなったのは、前走で苦杯を舐めさせられた武豊騎手騎乗のバンブーメモリーだった。あろうことか、直線を迎えてスムーズに外へ抜け出したバンブーメモリーに対して、内を突いたオグリキャップはまたしても直線で前が壁に。うまく進路を取れず、天皇賞・秋の悪夢がよぎった。

 だが、そんな状況に陥っても諦めず、ファイティングスピリットを失わないのが"スーパーホース"オグリキャップである。最内から猛然と追い込みを開始して、誰もが「絶望的」と思ったほどの差をジリジリと詰めて、ついに捕らえたバンブーメモリーと凄まじい叩き合いを展開した。