2020.11.13

横山ルリカ、エリザベス女王杯で絶対外せない馬は?コース適性にも注目

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 それから4歳馬。エスポワール(牝4歳)は今回、武豊騎手が騎乗で阪神の小回り適性もありそうです。また、2枠(3番・4番)に入ったら、阪神開催でもデータ的に複勝回収率がいいので、4歳馬と2枠馬は買うつもりです。

 府中牝馬S組については、反動が気になるところですが、サムシングジャスト(牝4歳)は前走重馬場で3着。まだまだ底も見えていないですし、人気よりも実力はありそうなので押さえたいです。

 ラヴズオンリーユー(牝4歳)については、府中牝馬Sは完全に叩き台で、しかも合うとは思えない重馬場だったので度外視しています。どうも今年は、ドバイ遠征やその後の成績からも、実力で負けているというよりは調子や適性が合っていなかった感じで、敗因に説明がつきます。阪神は内回りの2000mで2戦して1勝、2着1回で、コースも合う気がします。

 データ的には、ローテーションは府中牝馬S、秋華賞(京都/芝2000m)、オールカマーが主体ですが、人気になっている馬がそうではないので、荒れる要素かなと思っています。

 ノームコア(牝5歳)はいろんな距離を走っていますが、クロノジェネシス(牝4歳)の姉ですから血統的に2000〜2200mに適性があると思うので、距離については心配していません。コースも小回りでも問題ない。横山典弘騎手の進言で出走した前走8月のGⅡ札幌記念(札幌/芝2000m)で勝っていますし、むしろいいと考えています。輸送だけが問題だと思います。