2020.10.30

アーモンドアイの快挙を阻むのは?
天皇賞・秋で穴党記者が推す3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 そして、そのレース(府中牝馬S)が終わった瞬間にパッと浮かんだのは、『天皇賞・秋を使ったら、面白いんじゃないかな』ということ。すると実際、スカーレットカラーを管理する高橋亮調教師もレース後に『登録はする』と話していました。結局、中1週だったこともあって、自重してGIエリザベス女王杯に向かいましたが、そういう経緯もあって、同馬には注目していました。

 今年は、クイーンS3着からのローテで、その評価は高くありませんが、そもそもここを目標にしていたのなら、最良のローテかもしれません。昨年の府中牝馬Sでは、直線のさばきも完璧でした。同じような競馬ができれば、ここでも最後に突っ込んでくるだけの脚はあるかな、と思っています」

 木南記者ももう1頭、気になる馬がいるという。東京巧者のダイワキャグニー(せん6歳)だ。

「春以来、という馬が多いなか、前哨戦のGII毎日王冠(10月11日/東京・芝1800m)で2着。定石どおりの過程を順調に進んできている点には好感が持てます。しかも、前走は去勢手術明け初戦。それで2着なら、申し分ないでしょう。

 馬場不問で、府中の鬼。毎日王冠でも、レース前には鞍上の内田博幸騎手が『休み明けはどうか』と話していましたが、勝ったサリオスが別格の走りを見せるなか、この馬も自分なりの脚を使って、きっちりと結果を残しました。今回はハナを切ると思いますが、叩き良化型ゆえ、展開次第では粘り込みがあってもおかしくありません」

 はたして、3週連続の快挙達成となるのか。はたまた、歴戦の実力馬たちがそれを阻止するのか。この秋最初の古馬頂上決戦から目が離せない。