2020.10.29

アーモンドアイに死角あり。天皇賞・秋は
コントレイルに似た血統馬に注目

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 昨年は天皇賞・秋には出走せず、GⅠマイルチャンピオンシップ(京都/芝1600m)に出走して5着だったが、今春の安田記念でも7着と敗れたように1600mはベストの条件ではないのだろう。GⅠ大阪杯(阪神/芝2000m)やGⅠ皐月賞(中山/芝2000m)で3着に入っていることからも、2000mのほうがいいのは明らか。1800m以上ではすべて3着以内&勝ち馬から0秒1差以内に入っている。

 東京コースではGⅢ共同通信杯(芝1800m)も勝っており、コース適性も問題ない。また、約5カ月ぶりとなるレース間隔も、昨年の毎日王冠が約4カ月半ぶりのレースだったことを考えれば問題ないだろう。

 続いて血統を見てみよう。父ディープインパクト、母の父ストームキャットの配合は日本ダービー馬のキズナなど、国内外で8頭のGⅠ馬が出ている"スーパーニックス"。天皇賞・秋では、ドバイターフの勝ち馬でもあるリアルスティールが2着に入っている。この配合馬は10頭の重賞勝ち馬のうち8頭がGⅠ馬になっており、一定の実力があればGⅠにも手が届くという傾向がある。すでにGⅠ級の力を見せているダノンキングリーがGⅠホースになる可能性は高い。

 母系は、兄ダノンレジェンドが地方交流GⅠJBCスプリント勝ち馬で、祖母が米GⅠBCジュヴェナイルフィリーズ勝ち馬カレシングという良血。ディープインパクト産駒で祖母がBCジュヴェナイルフィリーズ勝ち馬といえば、「無敗の三冠馬」となったコントレイルと同じだ。

 コントレイルとは、ストームキャット、リローンチと、母系に入る血の共通点も多い。競馬では同じ種牡馬の産駒や、似た血統の馬が続けて結果を出す"血統の連鎖"といった現象も起こりやすく、ダノンキングリーはそれに当てはまる血統馬だ。

 以上、今年の天皇賞・秋はアーモンドアイの実力を認めつつ、敗れる可能性もあると考えてダノンキングリーを中心に狙ってみたい。