2020.10.23

横山ルリカが菊花賞の有力馬4頭を予想。気になる穴馬候補とは?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 今年は菊花賞トライアルのGⅡ神戸新聞杯が例年の阪神ではなく中京(芝2200m)で行なわれましたが、コントレイルが完勝。菊花賞はラストスパートの勝負になりやすいのに対して、今年の神戸新聞杯はレース全体のペースが順位につながった感じでした。神戸新聞杯と菊花賞では折り合いなど求められるものが違いますが、今のコントレイルなら大丈夫だと考えています。

 コントレイルと対戦した経験がなく、未知の魅力に溢れているのが、バビットです。逃げ脚で4連勝していることもすごいですし、コントレイルとこれまで戦ってきた馬にはいないタイプです。俊敏というよりはタフな印象なので、大雨が降ったら、コントレイルの隙を突ける馬かもしれないとみています。

 普通、逃げ馬って最後に差を詰められてギリギリ残るような形が多いですが、バビットは少し違いますね。前走のGⅡセントライト記念(中山/芝2200m)では、終盤でもうひと伸びして後続を突き放しました。前半の遅いペースから後半ペースアップしたレースで、菊花賞っぽい流れでした。それを完璧にクリアしたのは大きいです。菊花賞は、極端な逃げではなく、2番手あたりからいつの間にか先頭に立っているようなイメージがあります。

 コントレイルの相手になり得るのに、取引価格がわずか500万円という点も衝撃です。あと、金のたてがみを持つ見た目もインパクトがありますね。そういった意味でもバビットの走りは楽しみです。

 ヴェルトライゼンデはGⅠ日本ダービー(東京/芝2400m)の後に骨折し、秋は熱発してセントライト記念を回避しました。しかし苦手な休み明けも、神戸新聞杯はきっちり2着。ダービーはコントレイル、サリオス(牡3歳)から離れた3着でしたが、神戸新聞杯は「コントレイル、ヴェルトライゼンデ、その他」といった強さを見せた内容だったので、菊花賞メンバーの中でやはり力はあると思います。ひと叩きされて上積みもありますし、京都コースの方が合っていそうなイメージ。牡馬三冠レースの中で最も1着を狙えるのではないでしょうか。また、兄が昨年の菊花賞の勝ち馬となったワールドプレミア(牡4歳)で、長距離血統も心強い材料です。