2020.10.17

秋華賞はデアリングタクトの相手探し。
穴党記者が自信満々で推す3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 パラスアテナについては、坂本記者も注目している。

「今回の騎乗は叶いませんでしたが、武豊騎手がその素質を評価して、わざわざ福島のGIIIラジオNIKKEI賞(4着。7月5日/福島・芝1800m)に乗りに行ったぐらいの馬ですから。現に、秋を迎えて上昇ムードです。

 所属する高柳瑞樹厩舎の佐藤二朗助手は、『馬体重は数字的には大きく変わっていないけど、春と比べて(馬体に)幅が出てきて、力もついてきた。前走までは硬さが感じられたけど、今はそれが取れて、1回使った上積みがある』と、気配のよさを強調していました。

 今回もおそらく人気薄。馬券圏内(3着以内)に突っ込んでくれば、オイシイ馬券になるのではないでしょうか」

 実は、坂本記者にはパラスアテナ以上に注視している馬がいる。オークス2着のウインマリリン(牝3歳)だ。

「強力な末脚を誇るデアリングタクトでも、馬群に包まれる懸念があります。となれば、もちろん前の馬を狙うのがセオリーです。そして、"何が何でも"という逃げ馬が不在の今回は、平坦な内回りの舞台を利して積極的に運びそうなウインマリリンが絶好の狙い目となります。

 同馬は先行力とスピードの持続力が光り、乗れている若武者・横山武史騎手が果敢な騎乗で一発を狙ってきそう。事実、横山武騎手は自らの騎乗スタイルについて、『脚を余すのが嫌だし、前からいって力を出し切らせることを常に考えています』と話し、前々から運ぶことは間違いないでしょう。あっと驚く粘り込みを期待したいですね」

 史上初となる無敗の牝馬三冠馬誕生へ、熱い視線が注がれる今年の秋華賞。だが、2番手以降の争いは大混戦で、馬券的な興味が薄れることはない。快挙達成の興奮とともに、オイシイ配当をもたらしてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にきっといる。