2020.09.05

穴党記者垂涎の新潟記念。
夏の最後に大穴4頭が高配当の花火を上げる

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 一方、今年の新潟記念は「切れ味自慢ではなく、スピードの持続力がモノを言うと考えています」と言う坂本記者は、穴馬候補としてゴールドギア(牡5歳)の名前を挙げた。

「ゴールドギアは、2走前の3勝クラス・緑風S(5月10日/東京・芝2400m)を勝ってオープン入り。実績面では見劣りますが、ハンデ53kgというのが大きな魅力。この馬の持ち味は、長く脚が使えるところで、緑風Sでも3コーナー過ぎから仕掛けて、最後まで伸びて勝ち切りました。

 オープン入り初戦となる前走のGII目黒記念(5月31日/東京・芝2500m)では、直線で最内を突く腹をくくった騎乗をして、前が詰まる場面もありましたが、バテずに最後まで踏ん張りました。勝ち馬からコンマ6秒差の5着と、力のあるところを見せたと思います。

 ビュンと切れるタイプではありませんが、スピードの持久力はあります。その持ち味を生かせる、今の新潟の馬場は合っていると見ています」

 坂本記者ももう1頭、推奨馬を挙げる。ゴールドギアと同じく、2走前に3勝クラスを勝ってオープン入りを決めたウインガナドル(牡6歳)だ。

「父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンは、オルフェーヴルやゴールドシップと同じ配合で、スタミナがあり、荒れた馬場もプラス。(ウインガナドルは)逃げ・先行タイプですが、タフなスタミナ勝負となれば、チャンスがあります。新潟コースも、6戦2勝、2着1回、3着1回、4着2回と好相性。直線は長くても平坦ゆえ、自慢のスピード持続力が生きるのでしょう。

 ハンデ55kgはちょっと見込まれた感じもしますが、そもそも3歳時にはGIIIラジオNIKKEI賞(福島・芝1800m)で2着と、実力は秘めています。先行争いがそれほど激しくなることはなさそうな今年のメンバーなら、この馬の出番があっても不思議ではありません」

 夏競馬を締めくくる伝統の一戦。最後にビッグな配当をもたらす"大花火"を打ち上げるのは、どの馬か。ここに挙げた4頭も、その候補であることは間違いない。