2020.08.08

「大荒れ」続きのレパードS。
穴党記者が本当は教えたくない穴馬4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 大野記者が期待するもう1頭は、ユニコーンS3着のケンシンコウ(牡3歳)だ。

「前走のユニコーンSでは、スタートの芝部分で行き脚がつかず、後方からの競馬を強いられました。加えて痛かったのは、3~4コーナーの勝負どころで仕掛けて上がっていこうとした時に、前が壁になり、進路がなくなってしまったことです。普通なら、そのまま下がってしまうような状況でした。

 ところが、ケンシンコウは粘って、直線半ばを迎えて、2着となったデュードヴァンが大外から猛追してくると、それに合わせて奮起。再び盛り返して伸びたあたりに能力を感じました。

 まだ伸びしろはありそうですし、ここに来て落ち着きが出てきたのは好材料。ユニコーンSの好走も11番人気だったため、フロック視されている感がありますが、この相手でも差のないレースができるのではないでしょうか」

 大荒れが続くレパードS。今年はどんな馬が波乱の立役者となるのか。ここで、穴党記者がこっそり教えてくれた4頭がその候補となる可能性は大いにある。