2020.07.04

秋への飛躍につながるラジオNIKKEI賞。
人気薄でもコース実績馬で勝負

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 芝でも2戦2勝と底を見せておらず、かなりの素質を感じさせる。宝塚記念を勝ったクロノジェネシスなど、昨今の牝馬の活躍もあり、それらに続く存在として期待が集まりそうだ。

 以上、今年のラジオNIKKEI賞はコスモインペリウム、パラスアテナの2頭を狙ってみたい。