2020.06.28

期待のディープ産駒レッドジェネシス。
友道調教師も「いい走り」と強調

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

「まだ、心身ともに幼いところがあるようで、スタッフからは『ゲートがそこまで速くない』との指摘があります。それでも、対策を練って『デビューまでにもう少し教え込んでいく』とのこと。能力そのものには期待できるので、この不安要素さえ解消できれば、面白い存在になるでしょう」

 友道厩舎のディープ産駒で、手綱を取るのが福永騎手と言えば、ワグネリアンを思い出す。同じ父から生まれた大先輩に続いて、レッドジェネシスも高いパフォーマンスを披露することができるのか。デビュー戦での走りに注視したい。