2020.06.08

池添騎手演出の完璧なアーモンドアイ包囲網。
グランアレグリアが安田記念を制覇

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News


安田記念を快勝したグランアレグリア安田記念を快勝したグランアレグリア  グランアレグリアは、2歳時には2歳女王を決めるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)ではなく、あえて「2歳王者決定戦」となるGI朝日杯フューチュリティS(3着。阪神・芝1600m)に挑んだ。そこで、1番人気に支持されたように、早くから優れた能力の片鱗を見せていた。

 その能力が全開になった時は、昨春のGI桜花賞(阪神・芝1600m)や、昨年末のGII阪神C(阪神・芝1400m)のように、後続をあっさりと振り切って、とてつもない強さを見せつける。ただ、うまく勝ちパターンに持ち込めないと、先の朝日杯FSや昨春のGI NHKマイルC(5着。東京・芝1600m)のように、不完全燃焼の結果に終わってしまう。

 負ける時は、共通のパターンがある。外から他の馬に寄せられた時だ。

 こうなると、グランアレグリアのよさは、完全に削がれてしまう。実際、朝日杯FSも、NHKマイルCも、同様のパターンで沈んだ。

 逆に外目を早めに進出するか、外からかぶされる前にいち早く抜け出すことができれば、半端なく強い。このルールさえ守れば、桜花賞や阪神Cの時のように、凄まじい爆発力を見せる。