2020.06.07

名伯楽・藤沢和雄調教師の花道を飾るか。
アークライトの走りに期待

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 牧場時代からもともと評価の高かった1頭。当然、デビュー戦では人気を背負うことになるだろうが、スタッフからはこんな声も聞こえるという。先述のトラックマンが続ける。

「パワータイプのため、『まだビュッと切れる脚を使うイメージが湧かない』とのこと。この時期の新馬戦は、スローの瞬発力勝負になりがちですが、その展開にどこまで対応できるのか、少し不安そうでしたね。現状、少し体を持て余して走っている部分もあるようで、調教を重ねてどう変わるのか、注視したいと思います」

 まだ良化途上の段階という印象だが、血統や素材のよさを考えれば、能力があることは間違いない。調教を進めていくことで、急速な成長も望めるはず。実戦となれば、姉譲りの切れ味を発揮してもおかしくない。

 そもそも名伯楽・藤沢調教師も期待する1頭である。姉同様、クラシックを騒がせる存在となるのか、デビュー戦での走りに注目したい。