2020.05.09

NHKマイルCは荒れる。穴党記者が
馬場状況を吟味して厳選した4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

「前走のニュージーランドトロフィーでは、大外16番枠というハンデがありましたが、3着まで追い上げて地力の高さを示しました。道中は終始外を回って、4コーナーでは勝ち馬に外へ弾かれる不利もありました。それでも、へこたれずに差してきたことは、中身の濃いレースだったと思います。

 1週前の追い切りでは、鞍上の横山武史騎手を背に抜群の反応を見せて、僚馬を圧倒しました。しかも、横山武騎手は先々週のGIIフローラSで重賞初勝利。今や、関東リーディングのトップに立つほど乗れているのも頼もしい限りです。長く脚を使って、最後は確実に詰めてきてくれると思います」

 坂本記者が次に推すのは、ストーンリッジ(牡3歳)だ。

「前で立ち回った先行勢がなだれ込むパターンとなれば、前々走のGIIIきさらぎ賞(2月9日/京都・芝1800m)で好位2番手につけて、2着に踏ん張ったこの馬でしょう。長く脚を使えるうえ、スピードの持続力もあります。そもそも父ディープインパクトですから、スピードの絶対値に不安はありません。

 6着に終わった前走の毎日杯は、道中で位置取りを下げてしまったことが響きました。やや重の馬場も影響したのかもしれません。今回、馬場がいい舞台に変わって、巻き返しが見込めます。

 マイル戦は、新馬戦(11月30日/阪神・芝1600m)で経験済み。その時は、超スローの瞬発力勝負でしたが、メンバー最速の上がり33秒1という時計をマークして快勝しています。兄姉にはオープン馬が何頭もいる良血ですし、その底力にかけてみたいです」