2020.04.14

皐月賞を占う「3歳牡馬ランキング」。
2強の牙城を崩す馬は?

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

土屋真光氏(フリーライター)
「朝日杯FS組は、3歳になってからの成績が今ひとつ。対して、ホープフルS組は3歳になってからも重賞やオープン特別で好走しており、こちらのほうがレベルの高いレースだったと言えます。そのため、前回はサリオスと同評価にしましたが、コントレイルを上に取りました。

 懸念があるとすれば、ぶっつけでどうか、という点。ただ、仮に皐月賞で取りこぼしたとしても、ダービーまで崩れることは考えられません」

木南友輔氏(日刊スポーツ記者)
「将来的な適距離はわかりませんが、今の時点では距離適性を意識させないほどの、能力の高さを感じます。ぶっつけの皐月賞は、勝ち負けよりも、内容重視。狙いは、ダービーだと思っています」

 2位は、弥生賞を制したサトノフラッグ。圏外から一気にランクアップし、「打倒・コントレイル」の最有力候補にも挙げられる。

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「弥生賞では、向正面までは8番手を進んでいましたが、3角から外をまくっていって、4角では2番手まで進出。その勢いのまま、ライバルたちをねじ伏せて、豪快な勝利を飾りました。

 2着ワーケア(牡3歳/父ハーツクライ)は、TF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)8位タイまで落ちてしまいましたが、前回までは4位に位置していた実力馬。それを相手にしなかったサトノフラッグには、かなりの能力の高さがうかがえました。