2020.04.14

皐月賞を占う「3歳牡馬ランキング」。
2強の牙城を崩す馬は?

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 今回も、コントレイルがトップを死守。ポイントも前回と同じで、このまま皐月賞でも戴冠を遂げるのか、注目だ。

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「昨秋は、GIII東京スポーツ杯2歳S(1着。11月16日/東京・芝1800m)→ホープフルSと、関東へ2度遠征。その辺りの消耗を考慮すれば、前哨戦を使わずに、ぶっつけでの皐月賞参戦を決断したことは、陣営の英断と言っていいと思います。

 また、ゆとりのあるローテーションで成長を促したことが奏功し、以前より調教でもゆったりと走れており、ハミ受けもかなりスムーズになりました。トモ腰も強化され、ストライドを伸ばしながらも、頭が上がらなくなっている点も、成長の証と言えるでしょう。

 ホープフルS時に比べて、あらゆる面がレベルアップ。2週前の攻め気配、現時点での完成度を踏まえれば、皐月賞はもちろんのこと、GI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)も問題ないでしょう。

 ライバルのサリオスに比べて、ペースや流れに左右されることがなく、短所も少ない印象です。心身のバランスが取れた今、二冠の可能性も高いと思っています」