2020.03.26

グランアレグリアが高松宮記念で
ディープ産駒のジンクスを吹き飛ばす

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 距離適性を裏づけるのがその血統で、父ロードカナロアの産駒は中京芝1200mで22戦5勝(勝率22.7%、連対率27.3%)と高い数字を残している。また、母の父スペシャルウィークは皐月賞馬サートゥルナーリアと同配合で、3代母エアグルーヴはGⅠオークス、GⅠ天皇賞・秋を制した名牝。近親には2006年のこのレースの勝ち馬オレハマッテルゼがいるという一流の牝系だ。4歳以降に力をつける傾向もある牝系だけに、4歳を迎えての激走に期待したい。

 以上、今年の高松宮記念は、グランアレグリアを本命視しつつ、穴馬としてグルーヴィットにも注目だ。

■平出貴昭 著
『覚えておきたい世界の牝系100』(主婦の友社)
詳細はこちら>>