2020.02.13

3歳牝馬ランキングが大きく変化。
クラシックで勝利するのはどの馬だ

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 5位は、ルナシオン(牝3歳/父ディープインパクト)。木南氏の単独1位評価があって、圏外からランクインした。半兄がGI2勝のスワーヴリチャードという良血で、クイーンCに出走する予定だ。

木南氏
「クイーンCへ向けた調整も順調。同馬を管理する藤沢和雄厩舎のスタッフが『怖いのは除外だけ』と、自信の表情を見せていました。

 同じ厩舎のサンクテュエールがシンザン記念を制覇しましたが、厩舎サイドがルナシオンを評価するトーンは、そのサンクテュエールとも互角に感じられます」

 6位以下にも、各選者が評価する馬がたくさん控えており、本番までには、今回ランク入りした面々を脅かす存在がまだまだ出てきそう。これから一段と本格化するトライアル、前哨戦から目が離せない。