2019.12.01

マルセリーナの子、ヒートオンビートは
放牧を経て「よくなってきた」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 ラストドラフトのひとつ下の弟が、ヒートオンビート。デビューに向けて、所属する松田厩舎で調整を重ねているが、松田調教師は同馬についてどう見ているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「夏に一度入厩したあと、放牧に出されたのですが、その期間を経て『馬がよくなってきた』と松田調教師。まだ、馬体には成長の余地があるのですが、筋肉のつき方のわりに『いい走りをする』と好印象を抱いていますね」

 また、精神面について、松田調教師はこう語っているという。

「先生曰く、『馬房では、食べるか、寝ているかのどっちか』だそうで、常に落ち着き払っているとか。それは、『精神的に余裕がある証拠』と言っていました。距離適性については、『長い距離を走れそうな雰囲気』とのことです」

 現状、12月15日の2歳新馬(阪神・芝2000m)でのデビューを目指して調整中のヒートオンビート。桜花賞馬の息子は、その初陣でどんな走りを見せてくれるのか、注視したい。