2019.10.19

菊花賞は春の実績馬が手薄。
夏の上がり馬2頭に一発チャンスが膨らむ

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 ホウオウサーベルは、前走の阿賀野川特別(8月18日/新潟・芝2200m)が5馬身差の圧勝でした。2着に負かしたプランドラーも、菊花賞出走を狙っていた池江泰寿厩舎の良血馬ですから、この勝利はかなり価値があると思います。

 阿賀野川特別と言えば、昨年3着のユーキャンスマイル、一昨年3着のポポカテペトルも勝ち上がってきたレースです。阿賀野川特別組の3年連続菊花賞3着、あるいは、それ以上の結果があっても不思議ではありません。

今夏、北海道で2連勝を飾ったヒシゲッコウ ヒシゲッコウは、キャリア2戦目のオープン特別・プリンシパルS(5月12日/東京・芝2000m)で3着。春の時点ですでに素質の片鱗は見せていましたが、夏の北海道での連勝はすばらしかったですね。兄がマイルGI馬のステルヴィオという血統ですが、父がロードカナロアからルーラーシップに替わって、距離の心配はなさそうです。

 今回はおよそ3カ月ぶりのレースとなりますが、ノーザンファームの生産馬で、堀宣行厩舎所属ですから、仕上がりに関しても不安はないと思います。昨年の菊花賞でも7月以来の競馬だったフィエールマンが勝ちましたし、先週の秋華賞もオークスから直行のクロノジェネシスが勝利。こちらも、一発があってもおかしくありません。