2019.08.23

手堅いキーンランドCだが、
過去の穴パターンに類似の5頭で好配狙い

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 最後に取り上げたいのは、GIIIアイビスサマーダッシュ(新潟・芝1000m)からの参戦組だ。

 過去で言えば、2010年に6番人気で2着となったジェイケイセラヴィ(アイビスSD=2着)、2013年に4番人気で勝利したフォーエバーマーク(同2着)、2018年に9番人気で3着に入ったペイシャフェリシタ(同11着)らがそうだ。

 アイビスSDは、キーンランドCのおよそ1カ月前に行なわれており、本来であれば、理想的なローテーションと言える。だが、アイビスSDは"直線の1000m"という特殊な舞台設定のため、たとえそこで好走しても、続くレースが1200m戦の場合、「コーナーのある舞台ではどうなのか?」といった疑問を持たれて、意外と人気にならないことが多い。

 また逆に、アイビスSDで惨敗を喫して人気を落とした馬でも、舞台がコーナーのある1200m戦に移ると、本来の力を発揮。穴をあけることがある。

 いずれにせよ、軽視されることが多いアイビスSD組だが、そこから激走馬が生まれることが多く、無視することは禁物だ。

 ということで、今年もアイビスSD組であるカイザーメランジェ(牡4歳)とライオンボス(牡4歳)は外せない。

 カイザーメランジェは、アイビスSDで7着と完敗。おかげで、今回は人気が望めないが、2走前には函館スプリントSを制している。"千直"の舞台が合わなかっただけであれば、得意の舞台で再び弾けてもおかしくない。2度目の重賞制覇も大いにあり得る。

 翻(ひるがえ)って、ライオンボスは直線競馬の"鬼"。前走のアイビスSDを含め、"千直"レースは現在3連勝中だ。その勢いからすれば、1、2番人気を争ってもいいぐらいだが、こちらは今回、コーナーのある舞台が不安視されて評価を下げている。

 しかし、この連勝はコース適性だけでなく、馬自身が成長したとも考えられる。だとすれば、あっさりと重賞2連勝を決めてしまうかもしれない。非常に不気味な存在と言えるだろう。

 早くも終盤戦に入ってきた夏競馬。残り少ない夏休みを満喫するためにも、素敵な配当をゲットしたいところ。ここに挙げた馬たちがそのチャンスを与えてくれるかもしれない。