2019.07.05

「荒れる」七夕賞で狙える3頭。
過去の穴馬には意外な共通点があった

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 ということで、今年も狙うべきは"福島の芝レースが初めて"の馬だ。該当馬は、エンジニア(牡6歳)、カフェブリッツ(牡6歳)、クリノヤマトノオー(牡5歳)、ストロングタイタン(牡6歳)、タニノフランケル(牡4歳)、ベルキャニオン(牡8歳)、ロシュフォール(牡4歳)、ロードヴァンドール(牡6歳)と8頭いた。

 これらすべてを狙うわけにはいかないので、過去の傾向をもとにして、狙い目を絞っていきたい。

 再度、過去の結果に目を配ってみると、近年はダートを主戦場にしていた馬が芝の七夕賞に参戦。人気薄ながら、善戦しているケースが目立っている。先にも触れたオリオンザジャパン、パワーポケットがそのパターンだ。

 こうした例から今回浮上するのは、カフェブリッツだ。

七夕賞で重賞初制覇を狙うカフェブリッツ 同馬は、デビューから一貫してダートで戦ってきた。それが、4戦前から一転して芝のレースに出続けている。その点では、直前のレースもダートだった前述2頭とは異なるが、ダートが主戦場だった、という点では近いタイプと見たい。

 一度はダートでオープン入りまで果たしたカフェブリッツ。芝転向後のレース内容も悪くない。初芝となった3勝クラス(旧1600万下)の逆瀬川S(2018年12月2日/阪神・芝1800m)でいきなり勝利を挙げると、続くオープン特別の万葉S(1月6日/京都・芝3000m)でも4着と健闘。さらに、GIIIダイヤモンドS(2月16日/東京・芝3400m)では3着と好走している。

 前走のGII日経賞(3月23日/中山・芝2500m)では、10着と惨敗。その結果とダート馬のイメージが強い分、ここでは上位人気は見込めないが、前走から相手が楽になる今回、巻き返しがあっても不思議ではない。要注意の1頭だ。

 残り7頭となった穴候補から、引き続き絞り込みを続けよう。

 実は、七夕賞は6歳以上のベテランが強い、という特徴がある。過去10年の1~3着馬30頭のうち、半数以上となる17頭がそれに該当する。2015年や2018年などは、6歳以上の馬が1~3着を独占している。