2019.05.25

ダービーの重圧ハンパなし。
優勝経験あるジョッキー騎乗の馬が有利だ

  • 大西直宏●解説 analysis by Onishi Naohiro

 乗り替わりと言えば、前哨戦のGII青葉賞(4月27日/東京・芝2400m)を制したリオンリオン。今回、騎乗予定だった横山典騎手の代役は、ご子息の横山武史騎手が務めることになりましたね。

 デビュー3年目の20歳。まだ減量ジョッキー(見習騎手)ゆえ、大抜擢ではあるのですが、ここのところの活躍は目覚しく、先週までのリーディング争いでは関東で6位という成績を残しています。ローカル競馬が主体とはいえ、小倉に続き、先日の新潟でもリーディングを獲得と、今一番伸び盛りのジョッキーと言えるでしょう。その勢いには注目しています。

 ところで、今年の日本ダービーの「ヒモ穴馬」ですが、昨年悲願のダービージョッキーの仲間入りを果たした福永騎手が手綱を取る、ランフォザローゼスを取り上げたいと思います。

ダービーで上位争いが期待されるランフォザローゼスダービーで上位争いが期待されるランフォザローゼス  やはり、まずダービージョッキーが騎乗、というのは大きなアドバンテージ。そして、大舞台でも十分に戦えそうな馬でもあります。

 GIII京成杯(1月14日/中山・芝2000m)2着のあと、皐月賞には目もくれずに青葉賞(2着)に直行したのは、いかにもダービーを意識してのこと。中山コースで2回続けて惜敗を喫したため、おそらく陣営としては、皐月賞にこだわるよりもダービー一本に目標を絞ったほうがいい、という結論に達したのでしょう。

 ここまで無理をしていない分、青葉賞からの上積みもあるでしょうし、馬券圏内(3着以内)に飛び込んでくる可能性は大いにあると思います。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆穴党記者も皐月賞馬に白旗宣言。ダービーは馬券に絡める穴馬を狙え>>

◆ダービーで激走するタイプは決まっている。過去データにハマる4頭>>