2019.04.14

グランアレグリア不在のオークスで、
コントラチェックに勝算はあるのか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 ただ、気になるのはオークスの距離。スピードを武器に逃げ切るスタイルだけに、3歳牝馬にとっては過酷な2400mを乗り切れるのか、不安視する声も少なからずある。その点についてはどう見るべきか、先述のトラックマンはこんな見解を示す。

「ルメール騎手は『逃げにはこだわらない』と話しているようですが、敗れた3戦目は3番手に控える競馬で折り合いを欠いていました。それに比べて、連勝したここ2戦は逃げの形で気分よく走れているだけに、そのスタイルが合っている可能性は高いです。距離うんぬんよりも、オークスでもそのスタイルを崩さないほうが勝機は増すと思います。

 気がかりなのは、スタンド前からの発走で、GIとなれば大きな歓声が沸き起こること。それで馬のテンションが上がって、”飛ばしすぎ”になることが懸念されます。その点は、陣営も対策を練っているようですが、どうなるか……。不安材料であることは間違いないですね」

 また、同馬にとって、オークスは初めての左回りのレース。同厩舎の最大のライバルがいないとはいえ、乗り越えなければいけないハードルはいくつかある。

 スピード豊かな逃げで素質を開花させたコントラチェック。その健脚は、過酷な2400m戦をクリアできるのか、注目である。