2019.04.10

アンカツ自信の「3歳牡馬番付」。
皐月賞、ダービーの結果が見えた

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Kyodo News

関脇:ダノンキングリー(牡3歳)
(父ディープインパクト/戦績:3戦3勝)

 3戦3勝と、この馬もサートゥルナーリア同様、ここまで土つかず。無敗でクラシックを向かえる馬は、やはり”何か”がある。

 この馬の場合、その何かは父ディープインパクトに似ていること。つまり、瞬発力に優れている、ということだ。とくに一瞬の脚には見どころがある。動きたいところでパッと動けるし、パッと動いてピュッと切れる。

 3勝目を挙げた前走の共同通信杯では、その特徴が存分に生かされたレースだった。道中は内につけて、前を行くアドマイヤマーズを壁にして追走。そうして、直線半ばで内側に進路がガバッと開くと、ピュッと抜け出していった。あの脚はトップレベルの切れ味だったね。

 しかも、負かしたのが、2歳チャンピオンで、自分が大関に挙げたアドマイヤマーズ。これは、かなり評価できる。

 でも、アドマイヤマーズに実際に勝っていながら、同馬よりも評価が下なのは、この馬には長所と背中合わせの弱点があると思うからだ。それは、いいところだけでなく、悪いところも、父ディープインパクトによく似ている点にある。

 まずは、性格が前向きすぎること。ゆえに、折り合いの不安がつきまとう。しかも、馬のつくりがやや華奢で、すごく敏感な感じで、オンナ馬っぽい印象さえある。こういうタイプは、追ってからの伸びがそれほど長くは続かない。距離的には2000mくらいまで、ではないか。

 よって、この馬は皐月賞が勝負レース。得意の瞬発力勝負になって、どれだけ戦えるか。そこが、戴冠へのカギとなる。