2019.04.09

本命の異例ローテで大混戦。
皐月賞を読み解く「3歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO


 前回に引き続き、トップはサートゥルナーリアとなった。ただ、今回は4ポイントダウン。それだけ、新興勢力にも警戒が必要、ということだろう。

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「まだ本気で走っていないのでは? と思わせる余裕のある勝ちっぷりは世代ナンバー1の呼び声高く、ロードカナロア産駒でもストライドが大きい点が魅力です。折り合い、反応、切れ......と、すべてにおいて最高級のものをそろえており、父の代表産駒であるアーモンドアイを意識できる素材です。

 ホープフルSから皐月賞というローテーションとなりますが、普段の運動では勝ち気な面を見せており、馬体も緩まないタイプ。走らせると、しっかりと折り合って切れのある動きを連発しており、態勢は整っていると見ます。

 戦ってきた面々とは勝負付けが済んでおり、新興勢力も当馬のポテンシャルを脅かすレベルではありません。現時点での完成度を踏まえれば、春の二冠の可能性はかなり高いように思えます」

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「"ホープフルSを勝った馬の年明け不振説"をどうこう言う前に、ホープフルSで負けた馬たちの、その後がパッとしない状況。そんななか、同馬も栗東には無事に戻って、皐月賞に向けて時計を出しているようですが、どこまでやれるのか。

 多少の不安はありますが、美浦で有力厩舎を取材中、『今年は角居(勝彦厩舎)のところの馬が強い』という声を聞きました。この週末、真価が問われると思います」