2019.03.29

好メンバーが集結した大阪杯。
人気の盲点となる3頭で花見を豪勢に!

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 キタサンブラックは前年のGI菊花賞(京都・芝3000m)を制して、続くGI有馬記念(中山・芝2500m)も3着と善戦していながら、当時はまだ絶対的な評価を得ていなかった。その結果、休み明けという点も嫌われてか、5番人気に甘んじた。

 ラキシスも前年のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)の覇者だったが、その後の有馬記念で6着。牡馬一線級相手では物足りないと見られてか、伏兵の一角という評価にとどまった。

 そもそもダービー馬で、その前年のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)にも戴冠を遂げたエイシンフラッシュも、その後のGIジャパンC(東京・芝2400m)、有馬記念で、9着、4着と振るわず、人気を落としていた。

 こうしたタイプは今年も何頭か候補がいるが、やはりGI昇格後の傾向に合わせて、昨年のペルシアンナイトに近い馬をピックアップしたい。

大阪杯での勝ち負けが期待されるステルヴィオ大阪杯での勝ち負けが期待されるステルヴィオ  ピタリとハマるのは、ステルヴィオ(牡4歳)だ。

 同馬は、昨年のマイルCSで初のGI勝利を飾った。その後、休養に入って、2番人気に推された前走の中山記念では3着に敗れている。

 中山記念はたたき台と思えば、評価を落とす必要はないが、今回はさらに相手が強化されることから、上位人気を争うまでには至らなそう。これは、まさしく昨年のペルシアンナイトと似た状況にあって、それだけ好走への期待が膨らむ。ステルヴィオの一発に夢を託してみるのは悪くない。