2019.03.17

桜花賞へ直行するフィリアプーラ。
異例のローテはもはや現代の定番か

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 さらに、フィリアプーラの場合、「直行によるプラス効果が期待できる」とトラックマンは言う。

「フィリアプーラは桜花賞に向けて、先日帰厩したばかりですが、スタッフによると『20kgほど馬体重が増えて戻ってきた』とのこと。おかげで『ようやくふっくらした体つきになった』と、陣営のトーンは上がっています。

 また、前走時には体のゆるさも残していたようですが、その辺りの成長をうながすという意味でも、フィリアプーラにとって"直行"というローテーションはいいかもしれませんね」

 心身ともに成長を遂げたフィリアプーラ。昨年のアーモンドアイ同様、異例のローテーションで桜の栄冠をつかむことができるのか。注目の一戦は、いよいよ3週間後に迫ってきた。