2019.03.02

穴党記者の意見が一致。弥生賞は
中山向きの血を持つ2頭でウハウハだ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

「社杯(報知杯)ですので、気持ちよく当てたいです」と意気込むスポーツ報知の坂本達洋記者も、ブレイキングドーンを第一にピックアップする。

「気性面の荒さが課題ですが、前走のホープフルSも5着と掲示板を確保して格好をつけました。そのときに取材した担当の白鳥善人助手(中竹厩舎)によれば、新馬戦は『急ピッチの仕上げで、(馬が)全然できていなかったのに圧勝だった』と話していました。

 同レースで3馬身差の2着に退けたアドマイヤジャスタは、その後に2連勝して、ホープフルSで2着、先日もオープン特別のすみれSで2着と好走。そんな強敵を完封した実績は見逃せません。

 今回、長距離輸送と中山コースも2度目。その分の慣れが見込めますし、能力自体は高いので、かみ合えば一発あっても不思議ではないでしょう」

 続いて坂本記者は、ヴァンケドミンゴ(牡3歳)を推す。昨年の皐月賞で2着となったサンリヴァルの弟だ。

「(ヴァンケドミンゴの)全兄サンリヴァルは、ホープフルS(4着)で本命、そして弥生賞(4着)でも対抗に推した思い入れのある馬です。もっとも、2着に激走した肝心の皐月賞では外枠を嫌って無印にしてしまったのですが……(苦笑)。

 ともあれ、兄は先行力と小回りでうまく立ち回れる器用さが魅力でした。弟も初勝利を福島コースで挙げているように、兄と似たタイプと見ています。