2019.01.25

荒れるシルクロードS。今の荒れた
京都に合う「荒ぶる3頭」がいた

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 また、日刊スポーツの太田尚樹記者は、そのスプリンターズSの上位馬で、今回人気が予想される面々の、仕上がり自体に疑問の目を向ける。

「スプリンターズSで2着、4着に好走したラブカンプーとダイメイプリンセス(牝6歳)は、ともに森田直行厩舎の管理馬ですが、今回は2頭とも休み明け。陣営としては、2頭に対して慎重な構えを見せています。

 それに、この冬の京都の芝は時計がかかっていて、差しが決まる傾向にあります。2週前に行なわれたリステッド競走(※オープン競走の中でグレード競走に次ぐ重要な競走)のオープン特別・淀短距離S(1月14日/京都・芝1200m)も、勝ち時計は1分9秒1という遅い決着。(前を行く)スピード一辺倒の馬には厳しい条件にあると思います。とすれば、伏兵陣にも付け入る隙があるのではないでしょうか」

 そこで、太田記者が注目するのは、アンヴァル(牝4歳)だ。

初の重賞制覇を目指すアンヴァル「前走は、先に触れた淀短距離Sで頭差の2着でした。先行馬総崩れのハイペースになり、結果的に2番手から積極的にレースを進めたことが裏目に出てしまいましたが、それでも2着に踏ん張れたのは高く評価できると思います」